プライミングって何?プライミングを上手に利用しよう!

プライミングってなに??上手にプライミングを利用しよう!

  • 2020年7月26日
  • 2020年7月1日
  • 投資

プライミングとは?

 

これから紹介するパレット・トレーニングは、過去に好ましいと感じた情動記憶を使ってプライミング(Priming)を働かせ、臨場感を感じる方法です。

プライミングとは、心理学の専門用語で、先に受けた刺激によって、後に受ける刺激に無意識に影響を及ばすことです。たとえば、「これをすると気持ちいい」と考えただけで、脳内に快楽をともなう神経伝達物質であるドーパミンが流れます。

私たちの日常の行動には意識しなくても、必ず何らかの動機が背後にあります。ドーパミンはそのような行動の動機付けに関連して活動します。自分にとって意味があって、何らかの行動を引き起こすような場合には必ずドーパミンが活動しているのです。

つまり、プライミングとは、ある刺激によって脳内のドーパミンが活動し、その行動に向かうメカニズムのことです。プライミングはもともと、動物にも備わっている種の保存という本能的な欲求を支えるメカニズムです。動物に発情期があるのは、生殖行為が行なわれないと、その種が滅んでしまうからです。

人間の脳はさらに進化していて、種の保存にかかわる本能的な欲求だけでなく、抽象度の高い欲求に対してもプライミングが働きます。未来に起こる出来事に対して、今気持ちよいと感じることができるのです。「人類に役立つような発明がしたい」「世界から戦争と差別をなくしたい」というような高い目標に対しても働きます。つまり、あなたのゴールに対して、プライミンクが働くようにするのが、このパレット・トレーニングなのです。